Biglobe Sonet ocn 比較

So-net×auひかり

 

Biglobe So-net ocn の比較について、お伝えします。

現在、光回線事業者は数百社もあるので、利用する側からすれば迷ってしまいますよね。

今回は、数ある光回線事業者の中でも人気の高い

・BIGLOBE光
・So-net光プラス(以下Sonet光)
・OCN光

の3つをピックアップして「料金」「通信速度」「サービス内容」について、比較しました。

ご自宅の固定回線をどれにするか?

回線えらびの参考にしてください。

Biglobe Sonet ocn 比較|料金で比較

光回線のように、長期間継続して利用するサービスは、やはり「月額料金」が重要なポイントです。

3社の標準サービスの月額料金はそれぞれ

戸建て(税込) 集合住宅(税込)
BIGLOBE光 5,478円 4,378円
Sonet光 6,138円 4,928円
OCN光 5,610円 3,960円

となっています。

戸建てはBIGLOBE光が安く、マンションなど集合住宅ではOCN光が最も安い料金です。

単純な月額料金の比較では、戸建てならBIGLOBE光、マンションならOCN光を選ぶのがお得となります。

回線工事費はBIGLOBE光とSonet光、OCN光いずれも無料に

光回線を新たに開通させるには、回線工事費用が発生します。

3社の回線工事費はそれぞれ

戸建て(税込) 集合住宅(税込) キャンペーン適用
BIGLOBE光 19,800円 16,500円 実質無料に
Sonet光 26,400円 26,400円 実質無料に
OCN光 19,800円 16,500円 無料に

となっています。

さらにBIGLOBE光では、回線工事費の36回分割払い分と同額の割引が36か月に渡って受けられるので、実質的に回線工事費が無料になります。

また、So-net光では現在、回線工事費が無料になるキャンペーンが行われています。

また、OCN光では現在、回線工事費が無料になるキャンペーンが行われています。

実質無料と無料なら無料の方がお得

BIGLOBE光とSonet光は、回線工事費が「実質無料」に対して、OCN光はキャンペーンで回線工事費が「無料」です。

どれも回線工事費が0円ですが、「実質無料」と「無料」では「無料」の方がお得です。

実質無料は、回線工事費と同額の割引を受けつづけることで、回線工事費が相殺されて0円となります。

BIGLOBE光とSonet光の場合、利用開始から36か月間分割払い分と同額の割引が受けられることで回線工事費が実質無料になります。

ですから利用開始から36か月以内に解約してしまうと、途中で割引が受けられなくなり、回線工事費の残債を払わなくてはなりません。

それに対して無料の場合、回線工事費が最初から発生しないので、OCN光なら回線工事費がそもそも0円です。

OCN光なら、いつ解約しても回線工事費の残債を請求されることはありません。

実質無料は、回線工事費分の割引が受けられるまで解約しにくいので、契約するときの検討課題となりそうです。

BIGLOBE光とSonet光、OCN光にはスマホとのセット割がある

光回線とスマホの月額料金を「セット割」で利用するとお得です。

セット割は、スマホ料金との兼ね合いもあるので比較が難しいですが、BIGLOBE光はセット割が適用されるスマホブランドの種類が他社とくらべて多いです。

BIGLOBE光とのセット割対象になっているスマホは

  • au
  • UQモバイル
  • BIGLOBEモバイル

の3種類です。

 

一方、So-net光とOCN光は対象が少ないのが現状です。

Sonet光は「au」と「UQモバイル」の2種類、OCN光に至っては「OCNモバイル」の1種類がセット割の対象です。

Sonet光とのセット割対象になっているスマホは

  • au
  • UQモバイル

 

OCN光とのセット割対象になっているスマホは

  • OCNモバイル

OCN for ドコモ光ならドコモスマホとのセット割が利用できます

OCNの光回線サービスには、「OCN光」とは別に「OCN for ドコモ光」というのがあります。

OCN光は光回線事業者・プロバイダともにOCNですが、OCN for ドコモ光は光回線事業者がドコモで、プロバイダがOCNとなるサービスです。

ですから同じOCNの光回線サービスでも、OCN for ドコモ光であればドコモスマホとのセット割が利用できます。

ただし、OCN for ドコモ光を利用する場合、OCNモバイルとのセット割は適用されません。

このように同じOCNの名が付いていても、サービスによってセット割の対象となるスマホが違うので気を付けてください。

契約期間の縛りはBIGLOBEとSonetは3年、OCNは2年

光回線でもスマホでも、料金を安くする代わりに長期契約するという契約形態が一般的です。

3つの光回線も契約期間の縛りが設けられていて、それぞれ

  • BIGLOBE光 3年
  • Sonet光 3年
  • OCN光 2年

となっています。

長期間利用することを前提に考えているのであれば、特に契約期間の縛りについては気にする必要はありません。

ただし、契約期間満了ごとに契約の見直しをする場合、契約期間が短いOCN光が有力候補になります。

また今後、数年の間により画期的でお得なネット接続サービスが始まるかもしれません。

そうなった場合でも契約期間が短い方が乗り換えやすいので、乗り換えることを前提に考えるならOCN光が有利ではないでしょうか。

しかし、乗り換え時に発生する違約金を補償するサービスを行っている光回線事業者が多くなっています。

そのため以前ほど契約期間の縛りや途中解約で発生する違約金については、それほど気にする必要が無くなってきています。

Biglobe Sonet ocn 比較|通信速度で比較

BIGLOBE光・So-net光・OCN光はいずれも「光コラボ」と言われるサービスです。

光コラボは、NTTから借りたフレッツ光回線を借用して、ネット接続サービスを提供するというもの。

そのため、どの3社も基本的には同じ回線を使っているので、理論上は「通信速度」も同じになるはずです。

ただし、通信速度は回線だけでなく、選んだ「プロバイダ」によっても変わるため、BIGLOBE光・Sonet光・OCN光の通信速度にも多少の違いがあります。

最大通信速度は1Gbpsで同じですが、実際にネットを使う際の実効速度は

プロバイダ 実効速度
BIGLOBE光 約245Mbps
Sonet光 約290Mbps
OCN光 約265Mbps

となっています。

「少しでも速いネット回線を使いたい」

という場合には、実効速度が一番速いSonet光を選ぶことになります。

ただし、これらの実効速度は利用する時間帯、地域によっても変動するため参考程度にしてください。

体感的な速さに違いは無い

通信速度は、200Mbpsを超えていれば、20~40Mbps程度の違いは体感的にそれほど意味がありません。

ネットを快適に使うのに必要とされる通信速度は30Mbps程度なので、30Mbps以上出ていればほとんどのコンテンツはストレス無く閲覧できます。

ようするに、30Mbps以上の通信速度であれば、いくら数値が大きくても「ネット利用の快適さはほとんど変わらない」ことになります。

ですから、BIGLOBE光・Sonet光・OCN光を比較検討する場合、通信速度の違いはあまり気にしなくて良いでしょう。

 

通信速度が気になるなら最大10Gbpsのサービスを利用する

動画配信サービスで大量の動画をダウンロードしたい。

メタバースの世界をいち早く体験したい

できるだけ通信速度の速い回線を使いたいなら、最大通信速度が10Gbpsのサービスの利用を検討しましょう。

BIGLOBE光などの最大通信速度が1Gbpsですから、最大通信速度だけで比較すると10倍の差があります。

さすがに実効速度も10倍とはなりませんが、それでも通信速度が数倍速くなる可能性があります。

光コラボの大元の回線であるNTTのフレッツ光では、最大通信速度が10Gbpsのサービスが利用できます。

フレッツ光を最大1Gbpsで利用した場合の実効速度は約265Mbps、最大10Gbpsで利用すると実効速度は約960Mbpsとなります。

最大10Gbpsのサービスを利用することで、同じフレッツ光でも軽く3倍以上の通信速度が出るのです。

10Gbpsが利用できないサービスも

現在では、BIGLOBE光・Sonet光・OCN光で最大10Gbpsのサービスは利用できません。

今後、利用できるようになる可能性はありますが、現状ではドコモ光・ソフトバンク光など一部の光コラボで利用できるだけとなっています。

ちなみに最大10Gbpsのサービスを利用したいなら

  • auひかり
  • NURO光
  • コミュファ光
  • eo光

などで最大10Gbpsのサービスが利用できます。

 

BIGLOBE光・Sonet光・OCN光とも全国で利用可能

スマホやポケットWiFiは、対応エリアを気にしますが、光回線だと対応エリアを気にしないことも多いのではないでしょうか。

しかし光回線にも対応エリアがあって、地域によっては利用できないサービスもあります。

例えば「NURO光」は、2023年2月現在

  • 北海道
  • 関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
  • 東海(愛知、静岡、岐阜、三重)
  • 関西(大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀)
  • 中国(広島、岡山)
  • 九州(福岡、佐賀)

以外の地域では利用できません。

また、コミュファ光・eo光などのいわゆる「電力会社系光回線」は、電力会社の管轄内でのみ利用可能です。

ただ、BIGLOBE光・So-net光・OCN光の3社は、いずれもフレッツ光の回線を使う光コラボのため日本全国で利用可能です。

フレッツ光は、事業会社がNTT東日本とNTT西日本に別れるという違いから、料金やオプション内容に違いがあります。

一方、光コラボは東日本と西日本で料金やオプションの違いはなく、全国同じ条件で利用することができます。

BIGLOBE光とSonet光とOCN光の、光コラボ同士の乗り換えは簡単

NTTフレッツ光から光コラボへの乗り換えが簡単なのはよく知られていますが、光コラボ同士の乗り換えも簡単にできるようになっています。

以前なら、光コラボから別の光コラボに乗り換える場合、解約・新規契約という通常の乗り換え手続きが必要でした。

しかし、現在ではフレッツ光から光コラボへの乗り換えと同様に、解約手続きや開通工事を行わずに光コラボ同士の乗り換えができるようになりました。

BIGLOBE光からSonet光、Sonet光からOCN光、またはOCN光からBIGLOBE光に乗り換えるも簡単です。

手順としては、利用中の光コラボ事業者に「事業者変更承諾番号」を発行してもらい、その番号を持って乗り換え先の光コラボ事業者に「事業者変更」を申し込むだけ。

後は事業者側で回線の切り替え工事が行われて、切り替えが完了したら乗り換え手続きも完了、解約手続きは必要ありません。

 

Biglobe Sonet ocn 比較|プロバイダサービスで比較

プロバイダ3社の比較表はこちら。

月額料金 IPv6接続対応可否 その他特徴
BIGLOBE ホーム:1,100円(税込)
マンション:990円(税込)
 〇 KDDIの子会社
So-net ホーム:1,320円(税込)
マンション:990円(税込)
 〇 ソニー系列
OCN ホーム:1,210円(税込)
マンション:990円(税込)
 〇 最大手プロバイダ

フレッツ光の人気プロバイダ3社について、詳しく見ていきましょう。

BIGLOBE

BIGLOBE(ビッグローブ)は老舗プロバイダの一つで、今はKDDIの子会社となっています。

365日受付のカスタマーサポートなどがあり、インターネット初心者でも安心して使えるプロバイダという印象です。

BIGLOBEの月額料金

戸建て マンション
1,100円(税込) 990円(税込)
BIGLOBEの特徴
  • 老舗プロバイダでKDDIの子会社
  • 月額料金がファミリーとマンションで同額
  • IPv6接続対応
  • 365日受付のカスタマーサポートで初心者でも安心

知名度の高いプロバイダなので安心感があります。

また、料金体系がシンプルでカスタマーサポートの対応も良いので、どちらかと言えば初心者向けのプロバイダと言えそうです。

So-net

So-net(ソネット)は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社のプロバイダ事業です。

プロバイダの契約者数ではOCN、ソフトバンクに続く3番手となっています。

So-netの月額料金

戸建て マンション
1,320円(税込) 990円(税込)
So-netの特徴
  • 独自の割引サービス「So-net 長割」
  • 契約月のプロバイダ料金無料
  • セキュリティソフト6カ月無料
  • 安心サポート6カ月無料

So-netを新規契約すると、2年間の継続利用を約束する「So-net長割」の適用で、プロバイダ料金が毎月220円(税込)割引されます。

その他、有料オプションのセキュリティソフト「S-SAFE」や、オペレーターのリモートサポートなどが受けられる「安心サポート」の無料利用期間が利用できます。

初心者向けのサービスが充実しているプロバイダと言えます。

OCN

OCNは、NTTの子会社である『NTTレゾナント』が運営している国内最大手のプロバイダです。

フレッツ光回線運営元のNTTと同じグループなので信頼性は高いです。

一番無難な組み合わせとも言えるでしょう。

OCNの月額料金

戸建て マンション
1,210円(税込) 990円(税込)
OCNの特長
  • 独自の割引サービス「2年割」
  • 格安スマホ「OCNモバイルONE」とのセット割
  • V6プラスオプション「OCNバーチャルコネクト」の提供
  • 訪問サポート初回無料

注目は、OCNを2年間継続利用することで『2年割』が適用されることです。

毎月のOCN利用料金から、集合住宅で55円(税込)、戸建てで110円(税込)の割引が適用されます。

最もおすすめなプロバイダは、BIGLOBE

今回紹介した3社の中で、最も安心しておすすめするプロバイダは、BIGLOBEです。

老舗プロバイダという安心感と、カスタマーサポートの充実度の高さ、また実際に利用している方の評判も良さで安心して選ぶことができます。

もちろん、他の2社も選んで損はないプロバイダです。

あとはご自身のメリットを踏まえて検討しましょう。

どのプロバイダにしようか決めきれない場合は、ぜひBIGLOBEを選んでみてください。

Biglobe Sonet ocn 比較|選び方とポイント解説

インターネットのプロバイダ(=光回線)は以下のポイントに注意しながら、自分にとってメリットを感じる会社を選びましょう。

  • 実質料金
  • 通信速度、ラッシュ時の快適さ
  • お使いのスマホとのセット割
  • 利用エリア
  • キャンペーンの充実度

BIGLOBE光・Sonet光・OCN光について料金や通信速度などを比較しましたが、いずれも光コラボということもあって大きな差はありませんでした。

また、セット割の対象となるスマホがそれぞれ違うので、検討する際の材料にしましょう。

光コラボだけでも数百あり、自社回線を使ってサービスを提供している事業者もあります。

BIGLOBE光・Sonet光・OCN光だけでなく、いろいろな観点から比較検討して「自分に合った光回線」を選んでください。