eo光 ソネット光 比較

So-net×auひかり

eo光とソネット光を比較しました。

インターネット回線を選ぶ際、eo光とSo-net光のどちらが良いのか迷っていませんか?

それぞれの特徴やメリット、デメリットを比較し、最適な選択をするための情報を提供します。

この記事では、eo光とSo-net光の特性を比較し、それぞれのメリットとデメリットを徹底解説します。

また、どちらがおすすめかについても詳しく説明します。

記事を読むことで、eo光とSo-net光の違いを理解し、自分のライフスタイルや予算に最適なインターネット回線を選ぶことができます。

 

   

eo光 ソネット光 比較|料金・速度を比較

eo光とsonet光における、契約プランや工事費の合計料金、速度などの情報を一覧でまとめました。

eo光とsonet光の違いを比べてみてください。

eo光 So-net光プラス
契約期間 2年 2年
月額料金 戸建て:3,280円~
マンション:3,326円〜
戸建て:6,138円
マンション:4,928円
スマホセット割 au
UQモバイル
mineo
au
UQモバイル
NUROモバイル
開通工事費 29,700円(実質無料) 26,400円(実質無料)
キャッシュバック 10,000円(商品券、電子マネー) 50,000円
平均速度
下り:485.42Mbps
上り:364.82Mbps
(1ギガコース)
下り:270.33Mbps
上り:211.1Mbps

※:みんなのネット回線速度に投稿された、各光回線の平均速度を掲載。

eo光とSo-net光プラスどちらがお得か?

どちらか比較するときは、契約期間や解約条件、サポート体制、割引制度などの条件を考慮して自分のニーズに適したサービスを選びましょう。
結論、 速度を重視するならeo光。地域限定の独立回線で速度が速いです。
2年以上、継続利用するならソネット光がおすすめです。
ただし、サービス内容を吟味して、お得なプロバイダをチョイスしてください。
キャッシュバックやスマホ割などのくわしい解説は、以下の記事をご参考に。

eo光 ソネット光 比較|eo光を選ぶメリット・デメリット

eo光のメリットとデメリットは具体的に何でしょうか?

高速なインターネット回線と、安価で高品質なサービス、そして24時間365日の充実したサポートなど、eo光の魅力を詳細に解説。

一方で、提供エリアが限定されているというデメリットも忘れてはなりません。

これらの情報を踏まえ、あなたがeo光を選ぶべきか、それとも他のオプションを探すべきかの判断材料を提供します。

eo光のメリット

<eo光の概要>
戸建て マンション
提供エリア 関西地方2府・5県
IPv6接続
平均速度
(1ギガコース)※
下り:485.42Mbps
上り:364.82Mbps
契約事務手数料 3,300円(税込)
月額料金(税込) 1〜12か月目:3,248円
13か月目以降:5,448円
1〜24か月目:3,326円
25か月以降:3,876円
セット割 ・au
・UQモバイル
・mineo
工事費 29,700円(実質無料)
契約期間 2年
2年間の実質費用
(1ギガコース)
100,572円 87,660円

※平均速度の参考サイト:みんなのネット回線速度

 

eo光は関西電力グループのオプテージが運営する、地方限定の独自の通信回線を所有するネットプロバイダです。

eo光は関西地方でのシェア率がNo.1で、電力サービスとあわせて割引も受けられるので契約者も多いです。

eo光は大手の運営で安価で高速通信、という強みがありますが、それ以外にも以下のメリットがあります。

eo光は月額料金が安い。

1年目月額料金(税込)
2年目以降月額料金(税込)
戸建住宅、メゾンタイプ
(ホームタイプ、1ギガコース)
3,2480
5,448円
戸建住宅、メゾンタイプ
(ホームタイプ、5ギガコース)
3,280円 5,960円
戸建住宅、メゾンタイプ
(ホームタイプ、10ギガコース)
3,280円 6,530円
集合住宅
(マンションタイプ)
2,776円
3,876円

eo光は、契約1年目の月額基本料金がオトクです。

eo光を契約すると「eo暮らしスタート割」が適用され、戸建住宅でも集合住宅でも月額3,000円台から利用できます。

eo光は契約時に工事費も無料になるので、契約時の支払いは契約事務手数料3,300円だけ。

さらに、光電話を利用する場合、eo光多機能ルーターの利用料である月額314円(税込)がプラスでかかるだけです。

期間は限られますが、1年目のインターネット回線代を安くおさえることがでるのは大きなメリットでしょう。

 

eo光のオトクなスマホセット割とは。

適用条件として、eo光電話(314円/月)の加入が必要です。

対象のプラン

割引

  • 使い放題MAX 5G ALL STARパック
  • 使い放題MAX 5G/4G テレビパック
  • 使い放題MAX 5G/4G Netflixパック(P)
  • 使い放題MAX 5G/4G Netflixパック
  • 使い放題MAX 5G/4G DAZNパック
  • 使い放題MAX 5G with Amazonプライム
  • 使い放題MAX 5G/4G

翌月から

永年1,100円/月割引

  • スマホミニプラン 5G/4G

翌月から

永年550円/月割引

新規受付が終了しているプランはこちら(割引は適用されます)

※povoはauスマートバリューの対象ではありません。

4人家族であれば最大4,400円の割引になるので、自宅のインターネットが無料に近い状態で使えることになります。

セット割引はあくまで「携帯電話の料金からの割引」になります。

au携帯+eot光であれば合算請求になるので、実質的にはeo光が安くなるようなものです。

 

UQモバイルユーザーなら、eot光のセット割引が適用されます。

適用条件として、eo電話(314円/月)の加入が必要です。

対象のプラン

割引

    • くりこしプラン L+5G(25G/月)
翌月から
永年858円/月割引
  • くりこしプラン M+5G(15G/月)
  • くりこしプラン S+5G(3G/月)

翌月から
永年638円/月割引

mineoのユーザーなら、eo光の月額が割引されます。

格安スマホの「マイネオ」とセットにすると、同じく月額が安くなるセット割もあります。

そしてセット割を適用するために、eo電話(314円/月)に加入する必要がありません。

マイネオとセットで安くなる光回線は他にないため、独自のメリットと言えます。

  • マイネオ:330円/月(割引)

 

eo光なら、Netflixが最大1年間無料。

eo光ネット Netflixパックは、eo光ネット【ホームタイプ】【メゾンタイプ】10ギガ/5ギガ/1ギガコースが対象です。

eo光ネット【マンションタイプ】は対象外です。

eo光ネットNetflixパックは、Netflixスタンダードプラン(高画質(HD)、同時視聴可能機器2台)が最大1年間無料です。

2年間の利用が条件。

 

キャンペーン終了後も、Netflixが月額110円オトクです。

キャンペーン割引適用期間終了後、10ギガコース Netflixパックは4,740円/月、5ギガコース Netflixパックは4,170円/月、1ギガコース Netflixパックは3,658円/月を加算した料金となります。

 

eo光なら、電気代やガス代が節約できる。

eoひかりは、電力会社系のプロバイダなので、電気やガスのサービスも展開しています。

電気のサービスは「eo電気」で、「スタンダードプラン」で契約すれば「関西電力従量電灯A」で契約するより電気代が5%も安くなるのが特徴です。

ガスは「関電ガス」の「なっトクプラン(eo割)」を契約することで、大阪ガスの一般料金より10%ほどお得な料金でガスを使えます。

加えて「なっトクプラン」では、他社のポイントや商品券と交換できる、はぴeポイントもたまります。

このようにeo光では、提携している電気やガスのサービスも合わせれば電気代・ガス代まで節約可能です。

eo光のデメリット

eo光には、注意しなければならないデメリットがあります。

eo光は利用できるエリアが限定されている

eo光最大のデメリットは、利用できるエリアが限定されてしまっていることでしょう。

eo光は、関西地方2府・5県でしか契約できません。

  • 大阪府
  • 京都府
  • 奈良県
  • 兵庫県
  • 滋賀県
  • 福井県
  • 和歌山県

 

以上の県に住んでいなければ、eo光は契約できません。

地域によってはエリア外の場合もあるので注意しましょう。

自分の住む物件で使えるかは、以下のページから確認ができますが、対応していないと、そもそも使うことができません。

eo光「サービス提供エリアの確認」

サービス提供エリア|eo光ネット(戸建て向け)|光回線のeo光 [イオ] 公式サイト
[戸建て向け]eo光公式サイト:eo光ネット「サービス提供エリア」のページです。関西エリアを広くカバーするeo光ネットのサービス提供エリアを郵便番号から検索、もしくは市区町村一覧としてご確認いただけます。eo 公式サイト

 

マンションタイプはプランが選べません。

eo光のマンションタイプには、

  • VDSL方式
  • VDSL-S方式
  • イーサネット方式
  • 光回線方式

これらの通信方式がありますが、ユーザーが自由に選択できるわけではなく、導入されているマンションごとに、利用できるプランが決まっています。

たとえ高速で通信できる光回線サービスを使いたくても、自宅マンションンが対応していなければ利用できません。

また月額料金がそれぞれバラバラですが、住んでいるマンションによって契約できるプランが違う関係上、最安プランで契約できるわけでもありません。

他社の光回線だとマンションタイプでもプランに複数の選択肢があることがあるので、マンションタイプでプランを選べないことはデメリットとしてあげられます。

 

魅力の薄いキャッシュバック

eo光を新規契約すると、ホームタイプの場合は10,000円、マンションタイプなら3,000円の商品券または電子マネーがもらえます。

そして他社から乗り換えの場合、他社の解約金・撤去費用に応じてホームタイプの場合は最大60,000円、マンションタイプなら最大15,000円の現金を還元してもらえます。

eo光よりも豪華なキャッシュバックを受けられる光回線もめずらしくありません。

またもらえるのが現金でなく商品券か電子マネーに限られるのもイマイチなポイントでしょう。

引越しすると使えなくなるかもしれません。

引越し先がエリア外だと解約するしかなく、高額な費用がかかります。

eo光は、対応エリアが限定されるため、引っ越しを機に使えなくなる可能性がNTT回線より高いです。

行き先がエリア外の場合、解約するしかなく、解約金などの支払いも必要になります。

eo光の解約でかかる費用は以下の通りで、合計で30,000円以上かかる場合もあります。

  • 2,000~6,000円の解約金
  • 工事費(29,700円)を完済していない場合、その残債費用
  • 設備の撤去が必要な場合、撤去費用11,000円

 

eo光 ソネット光 比較|So-net光プラスのメリット・デメリット

So-net光は、全国規模で利用できるフレッツ光の光回線とSo-netのプロバイダ、そしてお得なキャンペーンが適用される「光コラボレーション」です。

さらにSo-net光では、eo光と同じくauスマートバリューを適用可能。

まずはじめに、ソネット光プラスがどのようなサービスなのか、料金プランなど基本情報を抑えていきましょう。

So-net光プラスのメリット

Sonet光プラス
月額料金(税込) 戸建て:6,138円
マンション4,928円
初期手数料(税込) 3,300円
キャッシュバック 50,000円
工事費(税込) 26,400円(23ヶ月の利用で実質無料)
プロバイダ ソネット(光回線プロバイダ一体型)
提供エリア 全国(フレッツ光と同じエリア)
通信速度 最大1Gbps
平均速度(実測値):260Mbps程度(下り)195Mbps(上り)
ひかり電話(税込) 550円/月額
スマホ割 au
UQモバイル
NUROモバイル
無料サービス 無線ルーターレンタル
セキュリティソフト

 

So-net光プラスに申し込むと、50,000円キャッシュバックがもらえます。

キャッシュバックは、2回にわけてユーザーが申請します。

キャッシュバックをもらうには、契約期間が6ヶ月および、12ヶ月以上必要です。

キャッシュバック金額 キャッシュバックの申請期間
<1回目>
戸建/マンション
30,000円 対象サービスのご利用開始から6カ月後の15日より45日間
<2回目>
戸建/マンション
20,000円 対象サービスのご利用開始から12カ月後の15日より45日間

ユーザーが「キャッシュバック申請忘れ」がないよう、申請期間が近づいたら、ソネット光プラスがメールでお知らせしてくれます。

受け取り方法

受取期間内に受取口座指定のお手続きが必要です。
【お手続きページ(ソネットde受取サービス)】
新しいウインドウで開くhttps://www.so-net.ne.jp/uketori/cb-info.html

 

 

auユーザーなら、So-net光プラス光のセット割引が適用されます。

適用条件として、So-net光電話(550円/月)の加入が必要です。

対象のプラン

割引

  • 使い放題MAX 5G ALL STARパック
  • 使い放題MAX 5G/4G テレビパック
  • 使い放題MAX 5G/4G Netflixパック(P)
  • 使い放題MAX 5G/4G Netflixパック
  • 使い放題MAX 5G/4G DAZNパック
  • 使い放題MAX 5G with Amazonプライム
  • 使い放題MAX 5G/4G

翌月から

永年1,100円/月割引

  • スマホミニプラン 5G/4G

翌月から

永年550円/月割引

新規受付が終了しているプランはこちら(割引は適用されます)

※povoはauスマートバリューの対象ではありません。

4人家族であれば最大4,400円の割引になるので、わずか2,000円ほどで自宅のインターネットが使えることになります。

セット割引はあくまで「携帯電話の料金からの割引」になります。

au携帯+So-net光プラスであれば合算請求になるので、実質的にはSo-net光プラスが安くなるようなものですね。

家族がたくさんいて携帯代の割引額がSo-net光プラスの6,138円以上になっても、その分ちゃんと携帯代から割引になるのがセット割引のメリットです。

 

UQモバイルユーザーなら、So-net光プラス光のセット割引が適用されます。

適用条件として、ひかり電話(550円/月)の加入が必要です。

対象のプラン

割引

    • くりこしプラン L+5G(25G/月)
翌月から
永年858円/月割引
  • くりこしプラン M+5G(15G/月)
  • くりこしプラン S+5G(3G/月)

翌月から
永年638円/月割引

Sonet光なら、NUROモバイルの基本料が1年間無料。

So-net 光プラスの申し込み完了後、NUROモバイルの月額基本料金が12ヶ月間、792円割引されます。

申し込み時の月額基本料金を上回るプランへプラン変更した場合は、プラン変更後も特典が適用されます。

適用条件として、ひかり電話(550円/月)の加入が必要ありません。

 

So-netが提供する次世代通信「v6プラス」に対応したWi-Fiルーターが永年無料でレンタルできます。

So-net光プラスを契約する際に同時に申込をすることで、IPv6対応のWi-Fiルーターを永年無料でレンタルできます。

従来のIPv4通信もIPv6回線内で行う「IPv4 over IPv6」技術により、快適なインターネットが楽しめます。

従来のIPv4と呼ばれる通信では、回線が混線してしまい通信が遅くなりがちでしたがIPv6通信では快適に高速通信が行えるので、動画の閲覧やオンラインゲームなども快適。

またWi-Fiルーター自体にも電波が広範囲に届くハイパワーシステムが搭載されているので、広いご家庭でもストレスフリーでインターネットを楽しめます。

 

セキュリティソフトが永年無料。

So-net光プラスを契約するとセキュリティソフト「S-SAFE」が永年無料で利用できます。

S-SAFEはウィルスを始めパソコンを不正に操作するトロイの木馬や、パソコンそのものを使えなくしてしまうランサムウェアから端末を守ってくれるので安心です。

通常セキュリティソフトは有料で、ウィルスの変化に合わせて更新が必要になるため定期契約であることが多く、契約更新のたびに料金が発生します。

So-net光プラスを契約すれば1ライセンスで7台分までは、永年無料で保護できます。

So-net光プラスのデメリット

So-net光プラスのデメリットについてまとめました。

  • au/UQモバイル以外のユーザーはメリットなし
  • プロバイダが選べない
  • サポートセンターが繋がりにくいかも

 

au/UQモバイルユーザー以外は料金メリットがない。

So-net光プラスがau/UQモバイルのユーザーに対してセット割引をしていますが、他のキャリアも同じようなサービスを行っています。

またau/UQモバイルユーザーにとってセット割引が受けられても、その他スマホユーザーにとっては関係ありません。

利用している携帯キャリアによっては、他社の回線サービスの方が有力になるケースもあります。

たとえばソフトバンクユーザーならソフトバンク光、ドコモユーザーはドコモ光といった具合に、それぞれキャリアごとにセット割が利用できる光回線が異なってきます。

 

プロバイダを選ぶことができない。

ネット接続サービスは、光回線というラインを通ってプロバイダがネット上の情報を取得してお手元のデバイス(スマホやPC)に提供してくれる構成になっています。

従って光回線とプロバイダのどちらかに不備がある場合、通信が不安定になります。

プロバイダは通信速度にも大きく関係しているので、使用していて遅いと感じた場合は別のプロバイダと契約して改善するというケースもあります。

ドコモ光回線(フレッツ光)なら24社、auひかり回線なら8社のプロバイダから選択することができるので、もしネット環境に不満があれば、プロバイダを変更することができるものの、So-net光プラスはプロバイダの変更ができません。

So-net光プラスのプロバイダであるSonetに不満がある場合、プロバイダの変更ができない点はデメリットと言えます。

サポートセンターが繋がりにくいことがある。

So-net光プラスのサポートセンターは、利用者が多いこともあり繋がりにくい場合があります。

時間帯や曜日によってはスムーズに繋がる事もありますが、必要なときにサポートセンターに繋がらない場合はストレスになってしまいます。

契約内容に関してはネットから手続きをする、電話の前にチャットで相談するということもできるので電話なしでも解決できる場合があるので、まずはチャット相談から利用するのをおすすめします。So-net光プラスの問い合わせ先

午前中や夜間は問い合わせが集中しやすいので、そういった時間帯を避けるのも1つの方法です。

eo光 ソネット光 比較|eo光に向いている人

eo光がおすすめの人は以下のとおりです。

eo光がおすすめの人

  • au/UQモバイル/mineoユーザー
  • eoひかりが提供エリア内の人

auユーザーやUQモバイルユーザーで関西に住んでいる方は、eo光の契約がおすすめです。

eo光はauスマートバリューや自宅セット割を利用できて、月額料金もオトク。

さらに、提供エリアが関西だけに絞られていることで、回線利用者が少なく通信速度も速いです。

eo光 ソネット光 比較|So-net光プラスに向いている人

So-net光プラスに向いている人とは。

  • au/UQモバイルユーザー
  • キャンペーンや割引をたくさん受けたい方
  • セキュリティや高速通信可能な機器を無料で使いたい方

 

現在すでにau/UQモバイルを利用されている方や、今後au/UQモバイルに乗り換えを検討している方であればSo-net光プラスは優先的におすすめできる回線です。

ベースの利用料金・キャンペーンなど他の大手他社などと比較しても安価に利用できる点は、評価できるポイントです。

auひかりやeo光と違い、NTTの光回線を使用しているというのもSo-net光プラスの強みと言えます。

そして、IPv6対応ルーターのレンタルが永年無料なのでネットの利用に安定感を求めている方にとってもSo-net光プラスはおすすめ。

セキュリティも永年無料で7台分も利用できる点も、日常的に安心してインターネットが使いたいと考えているかたにとっても心強いサービスです。