sonet光 sonet光プラス 違い

So-net×auひかり

sonet光と、sonet光プラスの違いとは?

現在、ソネット光の公式サイトには、ソネット光(So-net光)とソネット光プラス(So-net 光 ラス)の2つのサービス名称が混在しています。

So-net光プラスという、名称のネット接続サービスができたのは2018年7月です。

2018年以前は、So-netが提供するネット接続サービスのすべては「sonet光」と総称されていたようです。

この記事では、So-net光とSo-net光プラスの違いについて、サービス内容やメリット・デメリット、キャンペーン内容などの観点からお伝えします。

sonet光 sonet光プラス 違い

So-net 光(auひかり) So-net 光 プラス
回線速度 ・1ギガ
・5ギガ
・10ギガ
・1ギガ
(※)オプションで「さくさくスイッチ」月額1,100円
回線キャリア auひかり フレッツ光
契約期間 ・3年更新
・2年更新
・契約期間なし
(※)契約期間外で解約した場合解約違約金は2,290円〜16,500円
・2年間更新
(※)契約期間外で解約した場合解約違約金は戸建 4,580円 、マンション 3,480円
基本月額料金  

・戸建てプラン:980円〜6,930円
・マンションプラン:980円〜3,850円

(※)加入プラン、加入期間により月額料金は変動。

・戸建てプラン:6,138円
・マンションプラン:4,928円
スマホ割 ・auスマホ(月額割引)
・UQmobile(月額割引)
・auスマホ(月額割引)
・UQmobile(月額割引)
・nuroMobile(1年間基本料0円)
キャンペーン 初年度の月額ずっと980円 50,000円キャッシュバック

So-netが提供するネット接続サービスには「So-net光」と付くサービスが複数あります。

So-net光と呼ばれる複数サービスは、そのどれもがソネットがプロバイダであることは共通であるものの、回線会社がそれぞれ異なっています。

So-net光プラス  So-netがフレッツ光回線をレンタルして提供する光コラボ
So-net光(auひかり)  auひかり回線とプロバイダがSo-netの組合せ
So-net光(コミファ光) コミュファ光回線とプロバイダがSo-netの組合せ
So-net光 with フレッツS NTTのフレッツ光回線とプロバイダがSo-netの組合せ

So-net光プラスとは、NTTフレッツ光を使った、So-net独自のインターネットを提供する光コラボサービスです。

So-net光プラスの特徴として、NTT回線を利用するにもかかわらず、auスマートバリューと呼ばれるauスマホの月額料金が最大1,100円まで割引されることにあります。

そのほかの「Sonet光」という名称で宣伝されているサービスは、ほぼ「sonet光(auひかり)」に集約されており、「So-net光(コミファ光)」や、「So-net光 with フレッツS」と呼ばれるサービスと区別されています。

そのため、本記事では「So-net光プラス」と「sonet光(auひかり)」の違いについて、言及することにします。

So-net光プラスとSo-net光(auひかり)の共通点と違う部分をまとめてみました。

■So-net光プラスとSo-net光(auひかり)の共通点

  • プロバイダがsoーnet
  • スマホ割の割引金額が同一
  • 回線開通まで、モバイルルーターが無料レンタル
  • so-netのセキュリティサービス

■So-net光プラスとSo-net光(auひかり)のちがい

  • 月額料金がそれぞれ違う
  • 契約期間について、sonet光プラスは3年契約固定、sonet光(auひかり)は選択式
  • 回線速度について、sonet光プラスは1Ḡ固定、sonet光(auひかり)は選択式
  • 回線キャリア(フレッツ光かau光)
  • キャンペーン内容

 

契約期間と回線速度が、選択できないのが、sonet光プラス。
契約期間と回線速度が、選択できるのが、sonet光(auひかり)。

So-net光プラスとSo-net光、どちらを選ぶか?

ご自身が契約しようとしている契約期間から、支払い料金の総額をそれぞれ算定して比較すると、どちらがお得になるか参考になるでしょう。

So-net光プラスのデメリット3つ

月額料金に変動がなく、回線速度もとくに不安のないSo-net光プラスは、一見メリットしかないように思えます。

しかし、これから紹介する3つのデメリットは申し込み前にチェックしておきましょう。

月額料金

 
So-net(auひかり) So-net光プラス
戸建て 980円〜6,930円 6,138円
マンション 980円〜3,850円 4,928円
キャンペーン内容 初年度の月額ずっと980円 50,000円キャッシュバック

So-net光プラスは他の光回線と比較して、月額料金が多少高い傾向があります。

一般的な光回線の場合、戸建てタイプで5,000円台後半が月額料金です。

しかし、So-net光プラスの場合、6,000円を超えています。

ただ月額料金が高い分、So-net光プラスは高額なキャッシュバックを還元中です。

一般的に、So-net光プラスのような光コラボ系サービスの場合、キャッシュバック金額は多くても2~3万円程度です。

しかし、So-net光プラスでは公式ページ から申し込めば、50,000円が受け取れます。

キャッシュバック金額を重視している方には非常におすすめです。

スマートバリューは、ひかり電話の加入が必須

「インターネット+光電話」のセットでSo-net光プラスに加入(月額550円)しないと、auスマホの料金が安くなるスマートバリューは適用されません。

So-net光プラスの光電話は、次の電話番号がそのまま使うことができます。

  • NTTの加入電話
  • フレッツ光のひかり電話
  • 他社光コラボのひかり電話

ただし今までの電話番号は利用する際、NTTの電話番号を他社プロバイダで利用していた場合、その他社プロバイダを解約するときに、アナログ戻しと呼ばれる番号移行手続きが必要です。

スマートバリューの適用でauスマホが毎月お得に使うには

「光電話の加入が必須」

「電話番号の流用には、以前のプロバイダを解約する際、番号移行手続きが必要」

と覚えておきましょう。

契約期間は2年しばり

Sonet(auひかり)やNURO光と言ったNTTのフレッツ網を使っていない回線の場合、契約期間を選択(2年、3年、契約期間のしばりなし)できる場合が多いです。

So-net光プラスは光コラボ事業者ですが、契約期間が2年間となっており、契約期間を選択することができません。

もし、契約期間中に解約した場合

戸建て:4,580円(不課税)

マンション:3,480円(不課税)

の解約違約金がかかるので注意が必要です。

2年に一度の契約更新期間中に解約すれば、解約違約金はかかりません。

契約更新期間は3ヶ月間と長めにとってあるので、解約を検討する方は、この期間中に手続きを行いましょう。

最初の契約更新期間は24ヶ月目、25ヶ月目、26ヶ月目の3ヶ月間。

この間に解約すれば解約違約金はかかりません。

So-net光プラスのメリット4つ

他社光回線からSo-net光プラスに乗り換えるメリットは4つあります。

フレッツ光や、他社の光コラボからの乗り換えが簡単

フレッツ光や他社プロバイダの光コラボから、So-net光プラスへ乗り換えする場合、基本的に回線工事を行う必要はありません。

So-net光プラスがNTTのフレッツ光を使った光コラボだからです。

フレッツ光や他社の光コラボから、So-net光プラスへの乗り換え手順をまとめてみました。

■フレッツ光からの転用方法

  1. NTTから転用承諾番号を取得
  2. 転用承諾番号の有効期間内にSo-net光プラスに申し込む
  3. So-netから利用開始の案内や書類がメールや郵送で届く
  4. 開通日に機器設置やインターネットの接続設定を実施

基本的に工事が不要なので契約の際に支払う費用は、事務手数料の3,300円だけです。

フレッツ光の回線工事費の残債も支払う必要がありません。

■他社光コラボからの乗り換え方法

  1. 現在の光コラボ事業者から事業者変更承諾番号を取得
  2. 事業者変更承諾番号の有効期限内にSo-net光プラスに申し込む
  3. So-netから利用開始の案内や書類がメールや郵送で届く
  4. 開通日に機器設定やインターネットの接続設定を実施

フレッツ光と手順はほぼ同じで、契約の際に支払う料金は事務手数料の3,300円だけです。

高速通信のv6プラス対応

So-net光プラスは、オプション契約することなしで自動的に高速インターネットのv6プラスが利用できます。

v6プラスとは、直接フレッツ光の通信網にアクセスすることでインターネットの速度が速くなる新しい通信サービスです。

通常、光回線はプロバイダの通信設備を経由して、フレッツ光の通信網にアクセスしています。

利用者の多い時間帯にインターネットの速度が遅くなるのは、プロバイダの通信設備にアクセスが集中して回線が混雑するからです。

他社光回線は、v6プラス対応のインターネットを利用するには、契約後に別途手続きが必要なケースが多いです。

しかし、So-net光プラスなら、面倒な手続きなしでv6プラスの高速インターネットが利用できます。

全国エリアで対応可能

So-net光プラスは、NTTのフレッツ光と対応エリアが同じなので47都道府県の全国エリアに対応しています。

自分の住むエリアでSo-net光プラスに加入できるか調べたいときは、NTTの対応エリア検索のリンクから調べてみてください。

■北海道、東北、関東、甲信越地方
NTT東日本の提供エリア

■東海、関西、北陸、中国、四国、九州、沖縄地方
NTT西日本の提供エリア

今ならキャッシュバックキャンペーン

So-net光プラスに申し込むと、50,000円キャッシュバックがもらえます。

キャッシュバックは、2回にわけてユーザーが申請します。

キャッシュバックをもらうには、契約期間が6ヶ月および、12ヶ月以上必要です。

キャッシュバック金額 キャッシュバックの申請期間
<1回目>
戸建/マンション
30,000円 対象サービスのご利用開始から6カ月後の15日より45日間
<2回目>
戸建/マンション
20,000円 対象サービスのご利用開始から12カ月後の15日より45日間

ユーザーが「キャッシュバック申請忘れ」がないよう、申請期間が近づいたら、ソネット光プラスがメールでお知らせしてくれます。

その他の特典として、ソネット光プラスは工事費が実質無料です。

<派遣工事>戸建/マンション <無派遣工事>戸建/マンション
1カ月 月額基本料金 2,200円割引 月額基本料金 2,200円割引
2~23カ月 月額基本料金 1,100円割引 割引なし
工事費(割引総額) 26,400円 2,200円

ご利用開始翌月を1カ月目とします。